こんにちわ、金沢京子です。
今回は、日本のパーティシーンを変えた
ドラッグクィーンの
ヴィヴィアン佐藤さんがゲストです。
ってナンだぁ?てな、知らない方も、
よお〜くその存在を知ってる方も、どんぞお付き合い
くださいませ。

3月10日




第4回、よろしくぅ〜♪ ヴィヴィアン佐藤です。




サンケイスポーツ
金沢京子の美女濡れ淫タビュー

に、
ヴィヴィアン・佐藤さんが出演しました。
2005年9月24日

GO

10月公開の映画「sinsity」のテーマバーの話をしています。







PAGE

1、 2、 3, 4, 5、
6、 7、 8、
9、 10、 11、 12、 13、 14、


(金沢京子のHP)






 (3月5日、六本木ヒルズ内・バール.ウオッカトニック
にて撮影しました)    

1、ドラッグクイーンになったきっかけ!



金沢京子「ひょんな事から、お知りあいになりましたが、ヴィヴィアンさん、青山にお店出してるんですか?」
ヴィヴィアン佐藤「え〜、出してませんよお。最近、別の人からも言われたのよね」
京子「なんか地図まで出てましたよ。たぶんサイトで調べたら出てきたよな」
ヴィヴィ「そんな事ないのにねえ」
京子「でも、いい噂だから、いいじゃないですか。今日もこれからそこに行くのかなって」
ヴィヴィ「いえ、今日もパーティ2つ、この後入っているんんですよ」
京子「忙しいんですねえ。そうそう、パーティといえば、2月19日に、映画「パーティモンスター」のマコーレーカルキンの来日パーティに誘ってくださってありがとう。ちょうどその日、森園みるくさんらと東京スポーツの「たけしの映画大賞」の受賞パーティに出席した後だったから3人で、表参道のTHE ORBIENTに伺いました。ちゃんとその時の写真ここに貼りましたよん」
ヴィヴィ「きてくれてありがとね。で、どうでした?」
京子「それまで、具体的に、ドラッグクイーンに対しての認識ってなかったんですけど、ああたくさんいると逆に楽しいね。それにナマハリウッドスターが見れてうれしかった〜!かわいいし、カルキン」
ヴィヴィ「あのパーティは、ER。医療室ナイトの再現なのよ」
京子「それ、あのあと試写会での映画を見てわかりました〜」
ヴィヴィ「そう、過剰摂取で担ぎ込まれるシーンをパロッたの」
京子「そうそう、あの映画、覚せい剤の吸引シーンばかりで、覚せい剤の奨励映画かと思ったら、死人が出て、そこで始めて、ああドラマだと思いました。(笑)。でも、全体にバランスがいいなあって思いました」
ヴィヴィ「ありがとうございます。あの後、杉本彩さんの「花と蛇」の完成パーティを六本木SPIRALで2月27日にやったんですけど、その日はMCをやらせてもらいました。杉本彩さんとか原作者の団鬼六さんとか来て盛況でした」
京子「それも行きたかったなあ。でもホント毎日忙しそうですね。そうイベント企画をまかされるようになったきっかけって何?」
ヴィヴィ「最初は建築の勉強してて、絵とか書き始めて、当初は2丁目のゲイバーに働いていた事もあるんですけど、金沢さんもわかると思うけど、お店ってのは井の中の蛙的な要素があるのよね。だから自分なりに広げてみたくって、店でお客を待つ仕事は辞めたの。それからはもういろんなパーティに出まくったわね」
京子「それはなんとなくわかるなあ。銀座といっても2千件のクラブがあって、すべての店に有名人が来てるわけでもなく、ほとんどがサラリーマンだったしね。そういう中では橋本龍太郎さんなんかに会えたのは奇跡でした」
ヴィヴィ「私は映画が好きで、英語も映画を見て覚えたくらい。今はパーティで知り合った映画関係者から広がって、映画の論評を頼まれたり、パーティを頼まれたりと、人生相談までしてるの」
京子「そりゃあすごい。私も今、ライターの仕事もしてるんで、いろんな人にこうして会えて楽しいですね。私も広げた〜い(笑)」
ヴィヴィ「去年はロスでビョークのイベントがあって、そこでウィノナ・ライダーとかに会ったわ」
京子「私は都内でいいので、また楽しいイベントがあったら誘ってくださいね〜」
ヴィヴィ「は、はい」


2、パーティ・モンスター


ヴィヴィ「こないだ来日していた間、マコーレーとか、セス・グリーンや監督のフェントン・ベイリーと、あのイベントの日や翌日の接待などで同行してた時、映画についての自分の意見を言ったら、喜ばれましたー」
京子「なんて?」
ヴィヴィ「箱が7つ、肝心なシーンに出てきたでしょ?」
京子「うんうん」
ヴィヴィ「独特の閉塞的というか、いじめられッ子だったマイケル・アリグを象徴しているのと同時に、あの映画は現代に繋がる父親の不在感を現しているって」
京子「そういや、映画にもお母さんしか出てこなかったね」
ヴィヴィ「私もね、父親を3年前に亡くしてるんだけど、我が家も父親の存在が薄かった。マコーレーの父親もステージパパではあったけど、家庭の中での存在感はなかったんじゃあと感じたわよ。それは私たちだけでなく現代の風潮なんじゃあないかなあと」
京子「そうだね、私も去年父親が亡くなったので実家に戻った訳だけど、水商売がしたかったのも、強い男の人への憧れみたいなものはあったかも。社会的に立派な人にあこがれがありました」
ヴィヴィ「あの箱に閉じ込めるって、いい表現ですねといったら監督はうんうんとうれしそうにうなずいてましたよ。皮肉にもマコーレーの出世作も一人で留守番をして悪と戦うといった「ホーム・アローン」彼自身の孤独と戦う図は、この時から運命的にできてたんだじゃあないかと」
京子「あんなスターでも、孤独の宿命かあ。そういう人それぞれ持って生まれた宿命ってあるんでしょうね。マコーレーもマスコミでは波乱たっぷりに書かれてましたよね。私は個人的なLOVEより、華やかな場所が好きです。だから、ヴィヴィアンさんを見ても、ああ、おしゃれが好きな人なんだなあって見てます。実際、仕事もしてるわけだし、オタクとは全然違う世界ですよね」
ヴィヴィ「ありがとうございます。今度芸術家としての個展をカメラマンの飯島愛さんとやるので観にきてね」
京子「はい、出来る限り。こないだ森園さんに連れていっていただいた「青い部屋」でもちょうどヴィヴィアンさんの展覧会があったので、拝見しました。早速、ヴィヴィアンさんの絵、ここでのリンクバナーにしましたよ」
ヴィヴィ「どうもありがとうございますー」
京子「どこぞのパーティで再会するの楽しみにしてます」
ヴィヴィ「はい。次はあなたの出版記念パーティとか?」
京子「・・・・(汗」







<対談後記>
・この日、なぜか地下駐車場から30分もかけて2階のお店に遅れていらした佐藤さんは、変身道具と、お供の吉川君を従えていらっしゃいました。迫力!
そして、そこで撮影用に着替えてくださったのですが、「会う時間は夕方のほうが良い」とおっしゃってた意味がこの日にわかりました。
これらはパーティ用のものなので、昼間から、ドラッグクィーンな訳ではなかった。(笑)
変身前の写真(一応)を記念に撮影させていただいた。これは私の密かな自慢として持っていたいと思います。
またさらにディタイム、ノーメイクの時もあるそうなので、そんな時も、お目にかかってみたいです。
(追伸)・その後判明しましたが、このリンクHPにあるヴィヴィアンさんのBARは2年前のもので、現在、このお店には出ていないそうです。




ヴィヴィアン佐藤 
プロフィール


アーティスト・建築家・文筆家・携帯サイト「ヴィヴィアンのデカタンDE相談」など様々な分野で活躍中・アーティスト集団・四谷婦人会会長でもある




(パーティ・モンスター完成パーティにて)


☆トピックス☆


ヴァレンタイン
企画スペシャル・


『ヴィヴィサマ1日お店長×3』 @ BABY DOLL (2-32-1jingu-mae shibuyaku
tokyo  03-5785-2507)14;00-20;00

★2/5(sat)
★2/19(sat)
★2/20(sun)

アタクシヴィヴィアンが,
ヴァレンタイン特別企画としてこの3日間は
スペシャル店長
としてお客さまをお持て成しするわ・ 早い者勝ちのプレゼントもあるから皆急いで
来てね・・・・・・


今度フランスから馬のオペラ『ZINGARO』というユニークな騎馬劇団が来ます。
2月5日15;30からテレビ朝日で特番があります。

http://www.zingaro.jp/


<<<リンク>>>


(ヴィヴィアン佐藤HP)


(金沢京子HP)